江戸木目込人形の真多呂人形

正統伝統者の名に恥じない、確かな“技”

真多呂人形が何よりも大事にしていること、それは、木目込み人形唯一の正統伝統者の名に恥じない、確かな"技"です。
二代目真多呂は、安田周三郎氏に師事して塑像を学び、さらに澤田政廣氏に師事してデッサンを学び、伝統的な人形制作を総合芸術に高めました。人形の原型は、すべて真多呂の手によって、一体一体丹念に作り上げられています。
もちろん完成品をつくるまでの工程もすべて手づくり。多くの専門職人が作業を分担し、真多呂の原型に、さらなる芸術の息吹が吹き込まれます。

作家紹介

金林真多呂

略歴

  • 昭和7年
    東京に生まれ、幼児より父初代 真多呂について人形制作を学ぶ。
  • 昭和30年
    慶應義塾大学卒業。在学中より日展評議委員 故 安田周三郎氏に塑像を学び日本芸術院会員 故 澤田政廣氏に師事してデッサンを学ぶ。平安朝風俗人形をはじめ、創作木目込み人形を数多く発表
  • 昭和44年
    株式会社 真多呂人形 代表取締役社長
  • 昭和47年
    二世 真多呂を襲名と同時に 真多呂人形学院長
  • 昭和53年
    通産大臣指定の伝統工芸士の認定を受ける
  • 昭和61年
    東京都ひな人形卸商協同組合理事長
  • 昭和63年
    社団法人日本人形協会会長
  • 平成10年
    藍綬褒章授章
  • これまでに、「日本節句人形コンクール」、「全国伝統的工芸品展」で数々の賞を受賞
  • 現在
    株式会社真多呂人形 会長
    真多呂人形学院長
    社団法人日本人形協会 名誉顧問